肌のハリがなくなるのはなぜ?

b.glen/ビーグレン

肌のハリがなくなるのはなぜ?

 

肌のハリがなくなる原因は人によって違います。

 

 

一番多いのが、加齢による肌の老化でしょう。

 

年齢と共に、肌はどんどん老化していきます。

 

老化と共に、肌内部の栄養もどんどん減少してしまうのです。

 

そのためハリや弾力の源となるコラーゲンも減ってしまいます。

 

 

紫外線が影響の場合もあります。

 

こちらも加齢と同じくらい多い原因です。

 

 

紫外線にはいくつかの種類がありますが、中でもUVAという紫外線は肌の奥深く真皮にまで入り込み、肌内部のコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうのです。

 

 

若いのにハリや弾力がない素肌の人や、同年代の人に比べて肌が老化していると感じる人は、紫外線が原因かも知れません。

 

 

喫煙が肌に悪い影響を与えるということは有名です。

 

煙草の煙は肌の奥にまで浸透し、活性酵素を作り出し、細胞分裂ができない状態にしてしまいます。

 

そのため線維芽細胞が正しく機能しなくなってしまうのです。

 

 

線維芽細胞はコラーゲンなどを精製する役割を持っています。

 

煙草の煙のせいでコラーゲンなどが不足してしまい、弾力不足の肌になってしまいます。

 

 

この様に、肌のハリや弾力が低下するには何かしらの理由があります。

 

改善する努力さえすれば、ハリも元に戻るかも知れませんね。

 

 

若い時のしわと中年以降のしわの違い

 

しわには様々な種類があります。

 

 

たとえば、笑いシワはほとんどの人が出来るシワです。

 

どれだけ若くても、笑うと目元や口元にシワが出来てしまうでしょう。

 

しかし、若い世代のしわはすぐに改善します。

 

肌に弾力が満ちているので、一度シワが出来たとしてもすぐに元に戻ってしまうのです。

 

 

しかし、中高年のしわは違います。

 

しわが出来始めるのは30代頃からだそうです。

 

 

30代でのシワは、今までの紫外線を浴びた両に左右される事が多いでしょう。

 

若い頃から紫外線対策をしっかりとしなければ、肌内部にメラニンが蓄積し、新陳代謝も少しずつ低下し、しわが出来易い状態となってしまいます。

 

 

40代以降は、どんどんシワが増えてしまうでしょう。

 

特にこの年代は、食べ物が原因でシワが出来る場合もあります。

 

 

特に糖分には注意が必要です。

 

糖はコラーゲンに絡みつき、肌の弾力やハリを奪ってしまう栄養だといわれています。

 

ただでさえ減少したコラーゲンなのに、どんどん効力を失ってしまうのです。

 

 

年齢によるシワに負けない為には、コラーゲンをたくさん補う必要があります。

 

スキンケアからたっぷりとコラーゲンを摂取すれば、弾力が戻り、しわに出来にくい肌になるのではないでしょうか?

 

 

 

しわ対策は保湿が重要

 

しわは、保湿をすることで改善が可能です。

 

 

しかし、すべてのしわが確実に改善するという訳ではありません。

 

年齢と共に、どんどんシワが出来易い肌状態となってしまうでしょう。

 

しわが出来て長年そのままの状態にしておくと、肌の奥深くにまでシワが浸透し、改善ができない状態となってしまいます。

 

 

しかし、肌の外側にできたシワであれば、しっかりと保湿をすることで改善は可能です。

 

しわが出来たら、出来るだけ早い段階で保湿をし、改善をするようにしましょう。

 

 

保湿で重要なのが、栄養成分です。

 

保湿効果の高い成分は、たくさんありますよね。

 

ヒアルロン酸やイソフラボンなどが有名だと思います。

 

 

もししわを改善したいのであれば、コラーゲンを意識的に摂取するようにしましょう。

 

コラーゲンは弾力をアップする効果の高い成分です。

 

スキンケアなどから補うことで、肌内部に弾力が生まれ、しわが出来てもすぐに改善する肌状態となります。

 

 

他にもセラミドやリコピンは肌のバリア機能を高めたり抗酸化作用を高める美肌に良い成分です。

 

これらの成分がたっぷりと含まれたアスタリフトを使えば、肌内部に水分が満ち、コラーゲンをたっぷりと補充出来、しわも改善出来るかも知れませんね。

 

 

 

肌荒れ改善・人気No1化粧品「ビーグレン」

page top