エイジングケアは何歳から?

b.glen/ビーグレン

エイジングケアは何歳から?

30歳を超えてもエイジングケアをしていない肌には、若いころに大量に浴びた紫外線が原因のシミやしわが現れ一気に老け顔になってしまいます。

 

若いころは自然な潤いや張りが感じらた肌も、年齢とともに足りないものが増え補わなくてはどんどん衰えるのです。

 

その足りないものを補うことこそがエイジングケアで、衰えを感じる前に始めるとより効果的だと言われています。

 

 

人それぞれ肌質や体質が違うため、エイジングケアを始めるべき年齢が決まっているわけではありませんが、20代後半から30代にかけて肌が変わってきたと感じる人が多いようです。

 

特に若いころにあまり紫外線対策をしてこなかった人は早めに始めるなど、自分で見極める必要があり、年齢肌を感じる少し前に始めることで衰えを知らない肌が持続します。

 

エイジングケアは、衰えた肌を蘇らせるよりも予防する方がはるかに効果が高く、つねに自分の肌と向き合っている人こそエイジングケアに敏感なようです。

 

 

シミやシワはできてからケアするよりは、できる前にエイジングケアすることで防ぐことができ、若々しい肌でいられるのです。

 

自分に合ったエイジングケア用品をみつけて、使い続けることがとても大切です。

お肌の年齢のサインとは?

年齢は肌に出ると言われますが、具体的にはどのようなサインがあるのでしょうか?

 

  • シミやシワ
  • 透明感がなくなりくすんだ印象
  • 目や口の周りにシワが目立つ
  • 乾燥が気になり化粧がのらない
  • はりがなくたるみが生じる

 

 

このようにいくつかのサインがあるのですが、齢を重ねると共にすべて現れることが多いようです。

 

歳だからと言って諦めてしまっては、肌はどんどん老化し年齢よりもずっと老けて見えることになりかねません!

 

 

若いころに蓄積したメラニン色素は30代になると徐々にシミとなって現れ始め、どんどん濃く大きくなる場合があります。

 

また、たるみが原因で顔全体が下がってくると、目が小さく見え口角も下がり元気のない疲れた印象を与えてしまうのです。

 

このようにエイジングケアをしない肌はあっという間に年齢を感じるようになり、それが原因で老け顔になってしまうので早めのケアが大切です。

 

 

肌年齢は実年齢に必ずしも合致するものではなく、きちんとエイジングケアしている肌はいつまでもみずみずしく肌年齢がずっと低くなります。

 

逆に若くてもきちんとケアしていない肌は、実年齢よりもずっと高くなるということです。

 

まだサインが出ていないからと言って安心してはいけません!それは何の前触れもなくいきなり現れることがあるのです。

肌荒れ改善・人気No1化粧品「ビーグレン」