よく聞く肌荒れの話

b.glen/ビーグレン

飲み過ぎると肌荒れする

お酒 肌荒れ

 

日本酒は美肌に良いと評判のお酒です。
日本酒を作っている人は美しい白肌の方が多いですよね。

 

また、日本酒を使ったスキンケア商品も増えています。

 

ワインのポリフェノール効果も最近注目を集めています。
ポリフェノールには抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果を実感できるでしょう。

 

この様に、適度な飲酒であれば、お酒は美肌に良いといされています。

 

しかし、過度なアルコールの摂取は肌に悪い影響を与えてしまうでしょう。

 

過度なアルコールは肌にどんな影響を与えるのでしょうか?

 

お酒をたくさん飲むと、肝機能が低下してしまいます。

 

肝臓はとても大切な臓器です。
しかしお酒を飲むと、肝臓はアルコール分解をするためにどんどん働かなくてはいけなくなってしまうでしょう。

 

そのせいで、他の働きが疎かになってしまうのです。

 

アルコール分解をしていると、体内の不要な老廃物を解毒する事が後回しになってしまいます。
そのせいで体内に毒素がたまり、ニキビが出来易い状態になってしまうでしょう。

 

他にも血行不良のせいでターンオーバーの機能が低下して、シミやくすみが出来易い状態になってしまいます。

 

適度なアルコールであれば短時間で分解をすることができますが、大量に飲んでいたり、毎日アルコールの摂取をしていると分解しきれなくなってしまいます。

 

二日酔いは、アルコールが分解しきれずに次の日まで残った状態のことを言うのです。

 

肌のためにも、健康のためにも、お酒の摂取は適度にするようにしましょう。
いくら美肌に良いお酒だといっても、飲み過ぎては意味がありません。

 

定期的に休肝日を作ることをおすすめします。

 

また、大豆製品やごま製品はアルコールの分解と代謝を促進してくれるので、アルコールと一緒に摂って見てはいかがでしょうか。

 

ついつい飲み過ぎてしまった日には、シジミのお味噌汁を飲みましょう。
肝臓の解毒を促してくれるので、アルコールの分解も早めることができます。

ダイエットすると肌荒れする

美しくなりたい状態が行う行動といえば、ダイエットです。

 

ダイエットをしたことがある女性はとても多いでしょうし、痩せていてもダイエットを頑張っている女性もたくさんいます。

 

そんなダイエットが肌荒れを悪化させるって知っていましたか?

 

ダイエットにはさまざまな方法があります。
一番簡単なダイエットといえば、食事制限のダイエットでしょう。

 

炭水化物抜きダイエット、ダイエット食品置き換え、リンゴダイエットやバナナダイエットなど、気軽に出来る方法がたくさんありますよね。

 

気軽にチャレンジできるからと挑戦をしたことがある人も多いでしょう。

 

しかし食事制限系のダイエットは、栄養が偏りがちです。
そのため、肌が荒れてしまう事が多いのです。

 

せっかく理想のプロポーションを手に入れても、肌が荒れていては意味がありませんよね。

 

食事制限ダイエットは良いかもしれませんが、適度にとどめておくようにしましょう。

 

過度な食事制限をしなくても、和食中心の低カロリーメニューの食生活を続けていれば、ダイエット効果を実感することができます。

 

 

また、運動ダイエットも注意が必要です。

 

適度な運動は、美肌にも効果があります。
また、運動はダイエット方法の中でも最も効果を実感しやすく、健康的に痩せることができるでしょう。

 

しかし、屋外で運動をする時に日焼け対策をしないと、肌荒れしてしまう可能性があります。

 

紫外線は、日焼けだけではなくシミ、しわ、肌の乾燥やニキビの原因となってしまうのです。

 

ウォーキングやランニング等は日が落ちてから行うことをおすすめします。

 

また、汗をかいたまま放置していると、汗が汚れとなり肌荒れになる場合もあるでしょう。

 

運動後はシャワーを浴びてさっぱりしましょう。

 

美容にも健康にも良い運動ダイエットですが、気を付けないと肌荒れする可能性もあるのです。

夜アイスクリームを食べると肌荒れする

アイスクリームは食べても太らないという説があります。

 

また、ケーキやドーナツ等他の甘味に比べて低カロリーでさっぱりしているという印象がありますよね。

 

そのため、夜でもアイスクリームなら食べても大丈夫!と思っている方も多いでしょう。

 

実はアメリカでは「アイスクリームを夜に食べると肌荒れする」といわれているのです。

 

アイスクリームにもいろいろ種類があります。

 

例えば、アイスの代表であるバニラアイスは想像以上に糖分を含んでいるアイスです。

 

さっぱりとしていますが、バニラアイスだけでかなりの量の砂糖を摂取したことになってしまうでしょう。

 

脂肪分を摂ると、腸内環境が悪化してしまいます。
そのせいで活性酵素が増え、血液も悪化し、肌荒れを招いてしまうのです。

 

夜に摂ると脂肪分の影響を受けやすいので、肌荒れが起こりやすくなるのではないでしょうか。

 

アイスといっても、フルーツ系のさっぱりとしたアイスならそこまで影響はないかもしれません。
それでも脂質は含まれているものが多いので、やはり夜にアイスクリームは控えた方が良いでしょう。

 

アイスクリームを食べて体が冷えると、リラックスしにくい状態になり寝つきも悪くなってしまいます。

 

ゆっくり眠って体を休めるためにも、夜にアイスクリームはやはり良くないのかも知れませんね。

肌荒れ改善・人気No1化粧品「ビーグレン」

page top