万能クリーム馬油の効果

b.glen/ビーグレン

美容家もすすめる馬油は肌荒れの救世主

馬

 

暖房で乾燥する時期や紫外線で肌にダメージを受ける時期などには肌荒れに気を付けておかなければいけません。

 

シミやシワ、黒ずみの原因になってしまうこともあり、最悪の場合は跡が残ってとれなくなってしまうこともあるでしょう。

 

また、顔の肌荒れはお化粧のノリが悪くなりますので、それがストレスになって肌荒れを悪化させてしまうこともありますし、肌荒れが酷いとお化粧さえできなくなってしまう可能性もあります。

 

それに、脇の肌荒れは黒ずみをできやすくし、黒いシワのような色素沈着を起こして誰にも見せられない脇になってしまうこともあります。

 

こうした厄介な肌荒れになってしまったときは馬油が良いとされており、肌荒れの救世主と美容家もすすめるほどです。

 

近年では、馬油は肌荒れだけではなく火傷や炎症、湿疹などにも良いと言われています。

 

また、馬油は短期間で肌荒れを治せると言われていますし、黒ずみも短期間で改善できる可能性が高いので女性を中心に人気を集めています。

 

それに、馬油は肌荒れの予防にもなりますので、肌荒れしやすい人にも救世主となってくれるでしょう。

 

このようなことからも分かるように、馬油は肌荒れの救世主になると美容家もすすめていますので気になる人は使用してみてください。

 

なんと、肌にできてしまった厄介な黒ずみも解消することができるのです!
その使い方と効果はこちらをご覧ください→馬油の驚くべき効果

 

 

馬油とは?

 

肌荒れに良いとされる馬油は近年人気を集めており、肌荒れに悩まされている女性を中心に多く使用されています。

 

この馬油とは文字通り馬から抽出された油となっており、人間の皮脂とよく似た性質をもっています。

 

馬油を手に取れば分かるように、かなりべっとりしていますので、すぐに肌に浸透するという優れた浸透力があります。

 

また、肌の一番外側にある角質層に浸透しやすい馬セラミドが含まれていますので肌の保湿に優れています。

 

馬油が肌に浸透するとすぐに油膜を張り、菌の侵入を防ぐ効果が得られますし、浸透しながら肌内部にある空気を排出させますので肌の老化防止となる抗酸化作用も得られるのです。

 

更に浸透した馬油は一気に広がって広範囲に膜を張りますが、これがマッサージ効果のようになって血液の循環を良くします。

 

血液の循環が良くなると肌のターンオーバーを乱れにくくさせますし、乾燥などの肌荒れの原因を防ぐこともできます。

 

この他には肌のターンオーバーを高めてシミや黒ずみを薄くすることもできますし、抗炎症作用や抗菌作用によってニキビなどの肌荒れを改善することもできます。

それと、炎症をおさめて熱を取り去る作用もありますし、アトピー肌を再生させたり修復させる特徴もあります。

 

こうした色々な作用がある馬油を使用すれば、肌荒れを改善することも可能ですし、肌の老化を防いで若々しい肌状態を保つことも可能となりますので、美容効果を得たい人は使用すると良いでしょう。

 

 

使用方法

 

馬油は中国漢方の一つで人間でいう皮脂に近い性質があり、肌の角質層までしっかり浸透しますので潤いを保って肌荒れを防ぐことや改善することもできます。

 

この馬油の使用方法は洗った後にすぐ塗るのが最も効果的となります。

 

また、お風呂で湯船に浸かる前に肌荒れしている部位に塗り、そのまま15分くらい浸かった後に軽く洗い流すのも良いでしょう。

 

洗い流さなくても肌にハリが出ますし潤いも出てきます。

 

それと、馬油を使ったパックも良い使用方法と言え、肌を洗って綺麗な状態にしたら馬油をたっぷりと塗り、気になる部位の全体に伸ばして湯船に浸かりながら10分くらいマッサージします。

 

そうするとマッサージ効果によって血行が良くなるだけではなく、肌が明るくなったりプルプルの弾力ある肌にすることも可能となります。

 

この他には馬油を導入剤のように使用する方法もあります。

 

保湿美容液などを使用する前に馬油を肌に入れることで、保湿美容液などの吸収を良くすることができますし、水分保持効果を高めることができますので化粧崩れを防ぐことができます。

 

このような使用方法で馬油を使用し続ければ、肌荒れを防ぐことができますし、長引く厄介な肌荒れを改善することもできますので、使用する価値は十分にあるのではないでしょうか。

 

 

副作用と注意点

 

保湿作用や抗酸化作用、殺菌作用や血行促進作用などがある馬油ですが、不飽和脂肪酸が多く含まれていますので酸化しやすくなっています。

 

ですので、開封したらできるだけ早く使い切るようにし、半年くらいで全てを使い切るくらいにしておくと良いでしょう

 

また、馬油には血行促進作用がありますが、血行が良くなると毛細血管が拡張して痒みを引き起こすこともありますので特にアトピー肌の人は注意が必要です。

 

それと、脂性肌の人や思春期ニキビがある人が使用すると、稀に皮膚のかゆみや発疹などがあらわれることもあります。

 

この他の注意点は肌の新陳代謝を活発になって皮が剥けやすくなることです。

 

こうしたことからも分かるように、馬油は副作用がほとんどありませんので誰でも気軽に使用することができます。

肌荒れ改善・人気No1化粧品「ビーグレン」