身近なものが肌荒れの原因だった!!

b.glen/ビーグレン

実は今使っている化粧品が肌荒れの原因かも!

毎日きちんとスキンケアを行っているのになぜか肌荒れが良くならないという人は、今使っている化粧品を見直してみる必要があるかもしれません。

 

化粧水

 

化粧品が自分の肌に合っていない可能性がありますし、化粧品に配合されている成分に肌が負けてしまっている可能性もあります。
自分の肌に性質に合わせて、刺激が少ない化粧品を選ぶと良いでしょう。

 

 

まずは、今使っている化粧品の使用を一旦やめてみましょう。

 

化粧品の使用をやめて、最低限のスキンケアで生活してみることで、化粧品が肌荒れの原因であったかどうかを判断することができます。

 

化粧品の使用をやめている間には、洗顔は湯水だけにして、洗顔フォームや石鹸もあまり使用しないようにしてみます。
数日経過して肌の状態が安定してきたように感じたら、新しい化粧品の使用を始めてみると良いでしょう。

 

 

敏感肌・乾燥肌の人は、肌への刺激に注意して化粧品を選ぶ必要があります。化粧品に配合されている成分の刺激が強過ぎると、肌荒れを引き起こしてしまうことがあるからです。

 

これまで化粧品を使用して肌荒れを引き起こしたことがあるという人は、テスターやトライアルセットを使用してから、化粧品の購入を決めたいですね。

 

 

 

肌荒れしやすい成分

 

敏感肌の人は、化粧品に含まれている成分で肌荒れを起こしてしまうことがあります。
毎日きちんとスキンケアを行っているのに肌荒れが改善されないという人は、使っている化粧品に含まれている成分を確認してみましょう。

 

 

化粧品に使われる「アルコール」は、肌がとても弱い人の場合、肌への刺激になってしまうことがあります。
本来は、化粧品の防腐や毛穴の引き締めのために効果を発揮しますが、敏感肌の人にとっては肌荒れの原因となってしまうかもしれません。

 

アルコールが配合されていない化粧品もあるので、気になる人は気を付けて化粧品を選んでみると良いでしょう。

 

 

また、「人口着色料・香料」も肌荒れの原因となってしまうことがあります。
特に、アレルギーを持っているという人は注意が必要です。

 

ニキビなどの肌荒れ以外に、肌が炎症を起こしてしまうこともあるので、アレルギー体質の人は着色料・香料に注意して化粧品を選びましょう。
最近は、効果が高くても無添加にこだわってつくられている化粧品が多いです。自分の肌質や体質をしっかりと理解した上で、自分のお肌に合う化粧品を使用していけると良いですね。

 

 

毎日の食生活の改善も必要

 

大人ニキビをつくらないようにするためには、毎日の食生活を改善する必要があります。
好きなものを食べるのは良いことですが、あまりにも栄養バランスが偏っていると、肌荒れを引き起こしやすくなってしまいます。

 

特に、動物性脂肪が多い食品や糖分が多い食品ばかりを食べていると、皮脂が多く分泌されるようになってしまいます。
余分に分泌された皮脂は毛穴に詰まり、そこに細菌が入り込むことでニキビができてしまいます。

 

皮脂の過剰分泌を防ぐためには、動物性脂肪や糖分が多い食品・油っこい食品を食べ過ぎないように気を付けましょう。

 

揚げ物

 

また、肌を綺麗に保つためには、緑黄色野菜や果物などのビタミンが多く含まれている食品を食べると良いでしょう。
ビタミンはサプリメントでも摂取することができますが、普段の食生活で摂取することができれば、無駄なお金がかからなくて良いですね。

 

バランスの良い食生活を送ることでダイエット効果を得ることができる場合もあるので、女性にとっては一石二鳥です。
野菜や果物を食事に取り入れていくのが難しいという人は、スムージーやジュースにして摂取しても良いでしょう。

 

自分が続けやすいと思える方法で、気軽に食生活を改善していけると良いですね。

 

食生活と大人ニキビについてはこちらをご覧ください・・・食生活との関係性

 

 

肌荒れ改善・人気No1化粧品「ビーグレン」

page top