肌が弱い方へ

b.glen/ビーグレン

肌が弱い方のケア方法

肌荒れ 肌が弱い ケア方法

 

肌が弱い方は、普通の肌質の方よりもケアに気を使う必要があります。

 

とはいっても、面倒なケアをする必要はありません。

 

正しいケアをするだけで、肌に優しく丁寧なケアを行うことができるでしょう。

 

スキンケアの中でも特に肌に負担を掛ける事といえば、クレンジングです。

 

しかしメイクを落とさなければより肌に負担がかかってしまうでしょう。

 

肌が弱い人は、出来るだけ肌に優しく、しっかりと落とせるクレンジングを選ぶ必要があります。

 

クレンジングには、クリームやローション、オイルやジェルなどさまざまな種類があるでしょう。

 

オイルクレンジングが主流であり一番汚れを落としやすいと言われていますが、あまりおすすめは出来ません。

 

オイルクレンジングは肌への負担が強く、肌に必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるからです。

 

肌のことを考えるのなら、ミルククレンジングやローション、クリーム等、肌に優しいクレンジングを使いましょう。

 

クレンジング方法も重要です。

 

クレンジング剤は手に多く取りすぎないようにして下さい。

 

適量は500円玉くらいの量だといわれています。

 

肌に付ける前に少し温めてから付けると、より短時間でメイクを落とすことができるでしょう。

 

皮膚を動かさないように、クレンジング剤のみを動かす様に肌の上でくるくると馴染ませてください。

 

顔全体に行き渡ったと思ったら、30度くらいのぬるま湯で流しましょう。

 

すすぎは丁寧に、クレンジング剤が残さないように行ってください。

 

 

最近オススメのクレンジングは「バーム」です! クレンジングバームはお肌によく、そして実に使いやすいのです。 一度使ったら病みつきになりますよ〜
こちらから=クレンジングバームのおすすめは?

 

クレンジングは「短時間で丁寧に優しく」が基本です。

 

洗顔も、肌に優しい洗顔料を使うことをおすすめします。

 

最近はピーリングやスクラブが入っている洗顔料も増えていますが、これらは皮膚への負担が大きいので使わない方が良いでしょう。

 

肌への優しさを考えた洗顔料を選んでください。

 

石けん系は肌への負担が少ないので、特におすすめです。

 

顔を洗うときは、たっぷりと泡立てて洗いましょう。

 

泡立てるのが苦手という人は、泡立てネットを使って下さい。

 

泡立てネットは使っていると雑菌が溜りやすい状態になってしまうので、使いまえに毎回すすぐようにしましょう。

 

たっぷりの泡を作ったら、泡のみで肌表面をなぞるように洗ってみましょう。

 

丁寧に優しく、洗顔料も短時間で洗い終えるようにして下さい。

 

終わったら、再度ぬるま湯ですすぎます。

 

おでこや顎等は濯ぎ忘れやすい部分なので、忘れないようにすすいでください。

 

これで洗顔は完了です。

 

 

洗顔後は、出来るだけ素早く保湿をするようにしましょう。

 

洗面所にスキンケアを置いておくと、より素早く保湿を行うことができます。

 

スキンケアは化粧水から始まります。

 

化粧水は出来るだけたっぷりと顔に含ませるようにしましょう。

 

コットンとハンドプレスは、どちらも賛否両論があります。

 

しかし敏感肌の人には、ハンドプレスがおすすめです。

 

手で水分を与えることで、より多くの水分を与えることができるのではないでしょうか。

 

化粧水はけちらずに、たっぷりと使うようにしましょう。

 

ここで乾燥してしまっては、後から行うスキンケアも台無しになってしまいます。

 

化粧水は、肌を触った時にひんやりと感じるくらいが適量です。

 

何度も何度も肌につけることで、ひんやりと感じるようになるのではないでしょうか。

 

この後はクリームや乳液等、保湿効果の高いスキンケアに続いていきます。

 

どんなステップでスキンケアを行うかは、使用しているスキンケアによって異なると思います。

 

しかし、どんなスキンケアを使うときでも必ず、たっぷりと保湿をするようにしましょう。

 

化粧水だけで終わらず、クリームや乳液で蓋をすることで、肌のバリア機能をアップすることができます。

 

敏感肌の人は、肌内部の水分量が足りず、バリア機能が低下している人がとても多いのです。

 

しっかりと水分を吸収することでバリア機能も高まりますし、敏感肌から普通の肌質になることも可能でしょう。

 

敏感肌のスキンケアは、スキンケア選びも重要です。

 

人によって合う合わないがあるので、一概にこのスキンケアが良い、とはいえないでしょう。

 

しかし敏感肌の為に作られたスキンケアや肌に優しいスキンケアは、無添加やオーガニック素材使用等、肌に負担を掛ける事なくスキンケアを行える商品が多いので、おすすめです。

 

自分の肌に合ったスキンケアを使えば、より敏感肌を改善しやすいのではないでしょうか。

 

お試しキットがある製品であれば気軽に試し易いので、さまざまな製品を使い、自分に合うものを見つけるようにしましょう。

 

スキンケアのやり方を説明しましたが、これは敏感肌だけではなく普通の肌質の方にも実践をおすすめしたい方法です。

 

普通の肌質の方でも、季節や精神状態等些細な変化によって敏感な肌質になってしまう事があります。

 

しかし、基本的なスキンケアを続けることで、肌がどんどん丈夫になっていくでしょう。

 

肌荒れにも乾燥にも負けない強い肌を作り出す事も可能です。

常に日焼け止めを

日焼け止めは、出来るだけ常に使うようにしましょう。

 

日焼け止めは肌に負担がかかる、といわれていますが、紫外線を直接浴びる方が肌への負担は大きいでしょう。

 

また、日焼け止めは夏等紫外線が強い時期にしか使わないという人も多いですが、曇りの日でも、冬でも、紫外線は出ています。

 

日焼け止めをしっかりと選べば、肌に負担をかけることなく紫外線対策を行うことは可能です。

 

肌の為にも、日焼け止めは毎日使うようにしましょう。

 

紫外線を浴び続ければ、敏感肌の人はさらに肌が悪化してしまう可能性もあります。

 

 

日焼け止めにはさまざまな強さがあります。

 

日焼け止めにSPFなどの記載があるのはご存じの方も多いでしょう。

 

肌の為にはSPFが強い方が良いのでは?と思われるかもしれませんが、違います。

 

SPFは強ければ強い程、肌に負担がかかってしまうのです。

 

普段使う場合は、SPF20、PA++程度でも十分でしょう。

 

屋外に長時間いる場合等は、もう少し強めの日焼け止めを使ってみてください。

 

また、敏感肌の人にはノンケミカルの表示がある日焼け止めをおすすめします。

 

ノンケミカルの日焼け止めは吸収剤不使用なので、肌への負担も減るのではないでしょうか。

 

日焼け止め

日焼け止めは、塗り方も重要です。

 

まずは、事前にしっかりと保湿をするようにしましょう。

 

日焼け止めをスキンケアの最初に使う人もいますが、化粧水等を終えてから使った方が、肌への負担が減ります。

 

日焼け止めは、むらなく塗るようにしましょう。

 

ムラがあると暑く塗ってしまった部分のみ負担がかかったり、薄く塗った部分のみ日焼けししてしまう可能性があります。

 

すりこむとより日焼け止めの効果があがると思うかもしれませんが、それは間違いです。

 

肌に刷り込んでしまうと、肌への負担が増えてしまうでしょう。

 

優しく丁寧に、適量を塗るようにしてください。

 

もし日焼け止め効果を強くしたいのであれば、すりこまずに二度塗りをしてみてはいかがでしょうか。

 

日焼け止めは、一度塗っても効果は2,3時間程度で切れてしまいます。

 

きちんと紫外線対策をしたいのであれば、数時間置きに塗り直す様にしましょう。

 

最近はパウダータイプやスプレータイプ等、気軽につけなおすことができる日焼け止めが増えています。

 

夏場は特に、汗等で日焼け止めが落ちやすくなっているので、丁寧に塗り直す様にしましょう。

 

また、日焼け止めは塗ってから浸透するまでに少し時間がかかります。

 

できれば外出をする20分前には塗り終わるようにして下さい。

 

去年の日焼け止めを再度使わないようにしましょう。
古い日焼け止めは雑菌等が入っている可能性もあるのではないでしょうか。

 

最近は、肌に優しい日焼け止めもどんどん増えています。

 

敏感肌だから…といって日焼け止めを極力塗らない生活をしている人もいるかもしれませんが、敏感肌でも使える商品も増えているの安心して下さい。

 

日傘やUVカットの衣類で紫外線対策をしている人もいるでしょう。

 

しかし、それだけでは十分に紫外線を防ぐことはできません。

 

紫外線を浴びると肌荒れが悪化したり、日光湿疹ができたり、アトピーや乾燥が悪化するなど、敏感肌の人には悪いことばかりです。

 

きちんと対策をすることで、肌を守ることができます。

 

また、日焼け止めを塗った後はきちんと落とすことも重要です。

 

日焼け止めの中には専用のクレンジングでなければ落とせない商品もあるので、事前にチェックをして見て下さい。

 

肌に日焼け止めが残ったままで眠るのは、メイクしたまま眠るのと同じ状態です。

 

当然肌にも負担はかかってしまうでしょう。

 

一年を通してきちんと日焼け止めを塗り、紫外線対策をすれば、健康的でトラブルの無い肌を作ることができるかもしれません。

肌が弱い方こそビーグレン

肌荒れ 肌が弱い ビーグレン

 

肌が弱い人は、スキンケア選びも重要です。

 

スキンケアにはさまざまな効果があります。

 

アンチエイジングや美白、保湿効果が高いものなど、色々と選ぶことができるでしょう。

 

しかし、敏感肌の人はあわないスキンケアを使うと、どんどん肌が荒れてしまう可能性があります。

 

敏感肌の方は、敏感肌の為に作られたスキンケアを使うことで、肌荒れを起こさず、スキンケアを使うことができるのではないでしょうか。

 

そこでおすすめしたいのが、ビーグレンのスキンケアです。

 

ビーグレンは、さまざまな肌質に合わせたスキンケアを悩み別に開発しています。

 

シミやくすみ、ニキビやシワ、毛穴等、敏感肌の人でこれらの悩みを抱える人はとても多いでしょう。

 

敏感肌の方でも安心して使える、かつ、これらの悩みを改善できるスキンケアをビーグレンは豊富に取り揃えています。

 

特におすすめしたいのが、ビーグレンのクレイウォッシュです。

 

敏感肌の方はもちろんテカリやニキビ、毛穴や乾燥が気になる方等、さまざまな肌質に方がお使い頂けるでしょう。

 

クレイのチカラで優しく汚れを落とすので、肌に負担をかけることなく洗浄をすることが可能です。

 

汚れをしっかりと吸着し、潤いを与えながら洗顔が出来る商品となっています。

肌荒れ改善・人気No1化粧品「ビーグレン」