妊娠中は肌荒れしやすい

b.glen/ビーグレン

妊娠中は肌荒れしやすい

妊娠中の肌荒れ

 

生理前に肌荒れに悩む女性がとても多いのですが、妊娠中も同じようにホルモンの影響で肌荒れやニキビが増えることがあるのです。

 

特に妊娠初期にはプロゲステロンというホルモンが急激に増え、あごやおでこに大量のニキビが出てなかなか治まらない人もいるようです。

 

また、乾燥肌の人はより肌の乾燥が気になるようになるなど、今までにない肌トラブルに悩むことになるかもしれません。

 

 

妊娠中なので、安易にサプリメントや薬に頼るのも怖いので、安全な方法で何とか改善したいと思いますよね!

 

妊娠中は今までの肌ケアが合わなくなることがあるので、妊娠中はビーグレンなどの肌の悩みに合わせたものを選んだ方が良いかもしれません。

 

体に様々な変化が起こるため、戸惑ってしまうと思いますがホルモンの影響による肌荒れは中期から後期にはほとんど治まり、逆につやつやの肌になる人が多いので安心してください。

 

 

妊娠中は今まで使っていた化粧品が突然合わなくなったり、体質に変化してアレルギーが起こりやすくなることもあるので化粧品を選ぶことも大事です。

 

シミが出来やすい時期でもあるので、外に出るときは帽子や日焼け止めを待擦れないなどの、普段以上に予防も必要です。

 

 

お肌に良い成分を取ろう

 

妊娠中はホルモンの影響を受けて肌も変化するんで、今まで使っていた化粧品が合わないということがよくくあります。

 

妊娠初期は生理前のような状態になり肌荒れやニキビが悪化することが多く、中期から後期はホルモンのバランスが落ち着きエストロゲンという女性ホルモンが多くなるためつやつやの美肌に変わることが多いようです。

 

しかし、体質に変化を感じる人も多く、どのような成分が効果的なのか分からないのではないでしょうか?

 

 

どのような場合でも、保湿がとても重要でシミやシワができやすい時期でもあることを考えると保湿と紫外線対策ができる化粧品がお勧めです。

 

妊娠初期は特に肌が敏感な時期なので、成分はなるべく肌に優しいものを選ぶ必要があり、すべて無添加の物に変える人もいるようですが、それがすべての人に合うわけではないようです。

 

このように経験した人は分かると思いますが、妊娠中の体は今まで通りと言うわけにはいかないことが多いからです。

 

 

なるべく肌に優しい保湿に重点を置いた自分い合ったものを選ぶとトラブルなく快適な過ごせるはずです。

 

化粧品選びも大切ですが、内側からのケアも大切で栄養バランスをしっかり考えた食事を心がけましょう!

 

またストレスも大敵なので、なるべくリラックスした生活ができるようにすることも大切です。

肌荒れ改善・人気No1化粧品「ビーグレン」

page top