花粉症が原因の肌荒れ対策

b.glen/ビーグレン

花粉症が原因の肌荒れ対策

花粉症 肌荒れ

 

花粉症の方は、肌荒れが起こりやすいということをご存じでしょうか。

 

花粉症は、アレルギー体質の一種です。
体の中にアレルギー症状が出るということは、敏感肌にもなりやすいということです。

 

そのため花粉症の人は、花粉が多く出る時期に肌に赤みや痒み、カサカサやブツブツが生じやすいのではないでしょうか。

 

肌荒れが酷い人は、お化粧も出来ない程に肌が粉拭き、乾燥し、荒れてしまう場合もあります。

 

 

花粉症の方の敏感肌対策は、肌に優しく丁寧なスキンケアが大切です。

 

なぜ花粉症で肌が荒れるのかというと、さまざまな理由があります。

 

まず、アレルギー症状のせいで体が弱まってしまうからでしょう。
体が弱まる時期は肌のターンオーバーが乱れがちになってしまうのです。

 

そのせいで、肌荒れが起きやすく、肌が荒れても治りにくい状態になってしまうのです。

 

次に、体調不良のせいで肌のバリア機能も低下してしまうからです。
肌内部の水分量が足りないと、外部の刺激から肌を十分に守れない状態になってしまう可能性があります。

 

花粉症になると、目の周りが痒くなりますよね。
その摩擦のせいで、目の周りや肌が乾燥したり、荒れる場合もあるでしょう。

 

鼻をかんだりマスクをするという行為も、肌荒れを助長させてしまいます。

 

 

花粉症で肌荒れする場合の特徴

 

花粉症 肌荒れ

花粉症の人の中でも、もともと敏感肌で肌荒れがし易い人もいれば、花粉症のせいで敏感肌になってしまっているという人もいます。

 

花粉症が原因で肌荒れが起きてしまっているという人は、どのような特徴があるのでしょうか。

 

 

まず第一に、花粉症が酷くなる時期にのみ肌荒れが起こるという人は、「花粉症が原因の花粉症」の可能性が高いでしょう。

 

花粉のあまり出ない夏や秋の時期は普通の肌質という方に多い症状です。

 

また、花粉症が原因の肌荒れは、mぶら、頬骨、顎から首にかけての症状が悪化しやすいといわれています。

 

これらの部分は皮脂腺が少ないため、乾燥しやすい部分です。

 

 

そして、花粉症の時期はマスクを付ける方が多いでしょう。
マスクを付けていると花粉を防ぐことができますが、その分肌内部に雑菌が溜りやすい状態になってしまいます。

 

それが影響して、肌荒れが起こるかも知れないのです。

 

 

花粉の影響で目がかゆくなる人も多いでしょう。
目に痒みが生じた時に、目をかいてしまうと摩擦が生じて肌荒れが起こりやすい状態となってしまうのではないでしょうか。

 

これらの部分に特に酷い肌荒れを感じる場合が、花粉症が原因の肌荒れかも知れません。

 

花粉症が原因の肌荒れは対策をすることで改善が可能です。

 

 

花粉症を軽減させる方法

 

花粉症を軽減することで、花粉症による肌荒れも防ぐことができます。
自分で出来る範囲で良いので、花粉症対策を行って見てはいかがでしょうか。

 

たとえば、花粉症緩和に効果的な食べ物はたくさんあります。

 

りんごには水溶性食物繊維ペクチンが配合されています。
ペクチンはアレルギー症状の原因物質を減らす働きがあるので、花粉症緩和にも高い効果を発揮してくれるでしょう。

 

カリフラワーには花粉症緩和に良いαリレノン酸やαリポ酸が配合されています。
カリフラワーだけではなくブロッコリーにも同じ成分が配合されているので同じような効果を得ることができるでしょう。
他にもビタミンAやビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム等が配合されているので、おすすめの野菜です。

 

ヨーグルトは整腸作用が有名な食品ですが、花粉症対策にも効果的です。
ヨーグルトを食べた人が花粉症の症状を緩和したという実験結果も報告されています。
健康にも良く、気軽に食べられる食品なのではないでしょうか。

 

他にも花粉症を緩和するには、湿度を高めに保つ、空気清浄器を設置するなどが良いといわれています。
掃除をきちんとする、服装でガードをする等もとても大切な事です。

 

肌荒れ改善・人気No1化粧品「ビーグレン」