春になると肌荒れ 赤みが出る理由

b.glen/ビーグレン

春になると肌荒れ 赤みが出る理由

季節によって様々な肌荒れが起こります。

 

夏場は紫外線が影響で、冬場は乾燥が原因で肌荒れが起きやすくなってしまうでしょう。

 

それでは、春先は何が原因で肌荒れが起こるのでしょうか?

 

春は花粉が盛んな時期です。
花粉症でない人でも、肌に花粉が付着すると痒みを感じたり、炎症を起こる場合があります。

 

特に免疫力が低下した肌には注意が必要です。
花粉に耐性があっても、免疫力が低下した素肌に花粉が付着すると皮膚炎になったり痒みが生じたり赤みが出てくる可能性もあります。

 

特に気を付けたいのが目の周りです。
目の周りはアイメイクや化粧落としで皮膚バリアが弱まりやすい部分だといわれています。

 

そんな繊細な部分に花粉が付着すると、どんどん赤み痒みが発生してしまいます。

 

花粉症皮膚炎は、上まぶたや頬骨、あご、首元など露出している部分に多く現れるといわれています。
これを防ぐためには、普段からしっかりとスキンケアをし、肌のバリア機能を高める必要があります。

 

 

肌が乾燥している人は、バリア機能が低下しがちです。
しっかりとスキンケアをして、保湿をし、バリア機能を高めて置きましょう。

 

乾燥しやすい冬は自然と保湿を重視するかもしれません。

 

しかし春先もタップリと保湿をしなければ大変な事になってしまうかも知れないのです。

夏になると肌が赤いブツブツが出来る

夏 肌荒れ

 

冬場は乾燥しやすい時期です。
そのためこの時期はスキンケアを丁寧に行う方が多いでしょう。

 

しかし、注意が必要なのは冬だけではありません。
夏も違う理由で、肌荒れし易いのです。

 

春から夏にかけては暑くて汗をかきやすい時期ですよね。
この時期には脂漏性湿疹が出来やすいのです。

 

脂漏性湿疹は、顔はもちろん頭や首、背中、胸などさまざまな部分に出来る湿疹です。

 

赤く細かいブツブツが出来ていて、粉をふく場合もあるでしょう。

 

男女共に出来る可能性のある脂漏性しっしんですが、夏場は特に汗で細菌が繁殖し、ブツブツが出来易い季節なのです。

 

もちろん夏場以外でも、洗浄力の弱いシャンプーで髪の毛を洗い皮脂を落とし切れない場合や、ストレスが溜まっているとき、脂質やアルコールを摂り過ぎているとブツブツが出来てしまうでしょう。

 

脂漏性湿疹ではないけれども肌荒れが生じる場合ももちろんあります。

 

夏場もしっかりと保湿をし、ケアを入念に行い、肌荒れを起こさないようにしましょう。

肌荒れ改善・人気No1化粧品「ビーグレン」